読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kokeshiのブログ

文章に書き慣れるための筋トレブログ。自由に好きな事かいています。

我が家のクワガタエピソード


前回に引き続き、飼ってる生き物シリーズが続いています。もういらんって方はスルーしてください。




我が家にはオオクワガタがいます。
オフィス街で一匹ぽつんと歩いている所を主人が拾ってきました。
黒くてテカテカした姿はGを連想させ、私は好きになれませんでした。

ちょうどその頃私は10年勤めた会社を辞めたり、人生について色々と考え事をしてました。
自分はすごく不器用で、人より遠回りして行くタイプです。自分の要領の悪さに嫌気がさしていました。

ある日クワガタが、プラスチックの虫カゴの格子部分にツノが挟まり身動き取れなくなっていました。触るのは嫌でしたが、軍手と割り箸を駆使して外してやりました。それをキッカケにクワガタを何気に観察する事になりました。

クワガタは木屑の中をグングン進んで一日中忙しく動いています。餌のゼリーを求めて動いているのかと思いきや、そうじゃなかったり、隙間にハマって出られなくなっていたり、無駄に危ない目にあっていたり、ひっくり返って動けなくなっていたりなどなど。人間の目には無意味な行動に全て映りましたが、クワガタはいつも一生懸命でした。そんな不器用な姿に自分と重なり「あなたもいつももがいて毎日生きているのね……」と親しみがわいてきました。
それからはクワガタに「よっちゃん」と名付けて家族の誰より大切に育てています。

幼虫から育ててクワガタを増やしたいとは思いません。よっちゃんのお嫁さんが欲しいとも思いません。私はよっちゃんが好きなんです。たまたま不器用ながら一生懸命生きていたのがクワガタだっただけです。これが違う生き物だったらそれを好きになっていたでしょう。

まさかクワガタに情がうつるなんて思いもしませんでした。よっちゃんがいつか死んだら私は間違いなく泣くと思います。戦友を失った気持ちになりそうです。