読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kokeshiのブログ

文章に書き慣れるための筋トレブログ。自由に好きな事かいています。

通学路の思い出

お題「通学路の思い出」


どうも、kokeshi母さんです。さっき息子とお風呂に入った時「お母さんの脚ブツブツやん」と言われ、ちょっと立ち直れません…。なに?ブツブツってなに?すんごい気になってしょうがないです。

さて、ネタが尽きてきたので再びお題スロット回しました。今回は小学生時代の通学路の思い出について書いてみたいと思います。1人が大好きだったkokeshi母さんは、行きこそ集団登校でしたが、帰りはほぼ毎日1人で通学路を帰っていました。花を摘みながら帰ったり、近所の飼い犬巡りをしながら帰ったり、昔からマイペースに帰っていました。

特に犬巡りが大好きで、柴犬のタロちゃんとボルゾイのララちゃんは必ず会いに行ってました。

タロちゃんは夏場は庭木の土に穴を掘り体を冷やしていました。土の中に体を沈めている背中と首の後ろを掻いてあげると、「クゥ〜ン」と言いつつ体全体で喜びを表現してくれました。その様子が大変可愛かったです。

ララちゃんは体が細いせいか、柵から逃げ出し脱走をよくしていました。道の真ん中でバッタリ出会い、「おいで〜、おうち帰ろう〜」と言ったら素直についてきました。気づいたらララちゃんの回収係になっていました。

あれから何年か経ち、久々にタロちゃんの小屋を覗いたら、入り口がベニヤ板で塞がれていました。タロちゃんは居なくなってました。ララちゃんも天国に行った話を飼い主さんから聞きました。

もう会えないとなると寂しいですね。