読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kokeshiのブログ

文章に書き慣れるための筋トレブログ。自由に好きな事かいています。

学生時代にしていた部活「中学編」

お題「部活動」

どうもkokeshi母さんです。今日は学生時代にしていた部活動について書きたいと思います。

まず中学時代はバトミントン部に友達に誘われ入りましたが、体力が無さ過ぎて即やめました。上下関係もバスケ部に次いで非常に厳しく、独特の甲高い声で挨拶をしなければならないという変なルールが存在していました。しかも街中で先輩に会っても、先輩の姿が見えなくなるまで「こんにちは!!」コールを止めてはいけないという暗黙の了解があり、ジャスコで先輩に会った時は周りから何事かと不思議な視線を受け辛かったです。

そんなバトミントン部は即辞めて、ほぼ三年間吹奏楽部に所属していました。これもまた友達に誘われ入りました。上下関係はやはり厳しかったですが、1番怖い先輩に何故か可愛がられ何とか良好な関係を保つことが出来ました。私はもともとむっつり顏で、普通にしていても「怒ってる?」とか「怖そう」「生意気そう」と誤解される事が多く、先輩から目をつけられる事が多々ありました。でも1番怖い先輩もむっつり顏だったので、何か私と通じる物を感じたのか、仲良くしてもらえました。

最後はむっつり顏の話になってしまいましたが、そんな人間関係の中でも一応楽しく部活動を続ける事ができました。

あ、ちなみに私が演奏していた楽器はクラリネットです。もう20年以上は吹いてないので、今はもう鳴らす自信がありません。

次回は高校時代の部活動について書きたいと思います。ガラリと変わり、運動系と文化系の間みたいな部活にはいりました。